轄kエ政雄設計事務所 創立35周年 記念個展

 
 ー神社の扉の向こうにが見えるー  
 
 
 
 
 
半世紀前 、
昼間建築現場で汗を流し、夜間に建築科で学んだ。
 
「そんな汚れた作業服を着ていて、恥ずかしくないのか。」 
と同級生達からたびたび言われた。
 
でも私には、
だれにも負けない信念と大志があったので
必死で働き勉強をしたのだ。
 
 「そりゃー、世間の若者と同じように、
 女の子とも付き合いたい、
 遊びにも行きたい・・・。」
 
でも、将来への夢と希望のために耐えたのだ。 
 
建築界に身を置いてから、
 思えば右へ左へ、
 前へ後ろへと、
 寄り道、間違いだらけの50年であった。 
 
そんな、でこぼこの道のりを後悔はしていない。 
すべての体験は、「建築家への夢」のためであったのだ。 
 
少し歳を重ねたが、
 50年前の純真な少年の気持ちを持ち続けていきたい。 
 
 
感謝 高橋政雄 
 
                              
 
 

高橋政雄プロフィール

   
1952年 浦和市(現さいたま市緑区)に、2女2男の末っ子として生まれる
  幼少の時、父が交通事故で高次脳機能障害となる 
  荒れた家庭環境の中で育つことになる 
  中学以降の苦い青春時代は語りたくない 
1983年  轄kエ政雄設計事務所を創立
  同、代表取締役就任 
2007年  埼玉県議会議員となる 
  会社の代表取締役を退任して、社員となる 
2012年  建築家「夢」を目指して、一から再勉強を始める 
  建築家としての設計実践 
2017年  大北稲荷神社の設計監修をする 
2018年  今、新たな扉を開けようとしている 
   
   
   
   
   

記念個展概要

   
期間 平成30年2月12日(月・祝)〜18日()の7日間 
時間 10:00〜15:00 
場所  轄kエ政雄設計事務所 さいたま市緑区中尾270 
地図 個展会場はコチラ ⇒https://goo.gl/maps/pb48HwsbUQm
入場料  無料 
   
お問合せ 轄kエ政雄設計事務所 048−873−4244