中古住宅の購入を検討されている皆様へ

 
 売主が宅建業者以外の中古住宅では、瑕疵担保責任期間を契約で定めることができ、「免責(現状有姿)」もしくは「引渡し日から2〜3ヶ月」とすることが多いですが、その期間に売買時の隠れた瑕疵が発見できないときは、後日発見されても補修や被害の要求できません。
 瑕疵=「かし」と読み、欠陥のことをいいます。
 
 
 
 
 
 
 『JIO既存住宅かし保証保険』で解決
 
「JIO既存住宅かし保証保険」、中古住宅の売買時において「検査」と「保証」がセットになった保険です。保険が契約された住宅に基本構造部分等に売買時の隠れた瑕疵が発見された場合、当社が買主に補修等を行います。保証する当社が、JIOの保険に加入して、その損害の補償を受ける被保険者になります。また、万が一当社が倒産等により保証できなくなった場合は、買主がJIOへ直接保険金を請求できます。
 
 ※保険に加入できる住宅
●既存住宅:住宅の建設工事完了の日から1年を超える住宅
  または、人の住居の用に供したことのある住宅
●新耐震基準に適合している住宅(下記のいずれか)
  ・昭和56年6月1日意向に建築確認を受けた住宅
  ・保険申し込み前の改修工事により新耐震基準に適合している住宅
  ・保険申し込み前から引き渡しまでの改修工事により新耐震基準に適合させる住宅
 
 


保証・保険の仕組み

 ・この保険は当社が被保険者となり、JIOに申し込む保険です。
 ・当社は住宅の引渡し前に保険を申し込み、検査を実施します。
 
 
 ・保険の対象となる瑕疵の補修等にかかった費用または補修に代わる損害賠償金をJIOが保険金として当社に支払います。
 
 
 ・当社が倒産等により保険対象部分の補修等が出来ない場合は、買主がJIOへ保険金の請求をすることが出来ます。
 
 
 
 

保証の内容

 ●保証期間 お引き渡しの日から5年または1年
 ●限度額 1,000万円または500万円(免責5万円あり)
 ●保険の対象となる基本構造部分
  構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分
 
 
 ●保証の対象にできない主な場合(免責事由)
 ・虫食い、ねずみ食い、結露、瑕疵によらない自然劣化
 ・土地の沈下・隆起・移動・軟弱化・土砂崩れ、土砂の流入
 ・土地造成工事の瑕疵
 ・地震、噴火、津波、洪水、台風、暴風、竜巻、豪雨等の自然現象
 ・火災、落雷、爆発、暴動等の偶然または外来の事由
 ・重量車両、鉄道等の通行による振動
 ・対象住宅の引渡後の増築、改築、補修の工事またはそれらの工事部分の瑕疵
 ・対象住宅以外の財物の滅失もしくは毀損
 

対象エリア

 
 
 

取扱い内容

 対象者 住宅の種類  期間  支払限度額 特約 
売主
買主
木造戸建て住宅 5年
1年
 1,000万円 なし
         
 

料金表

   期間  検査費用 保証料  合計
100u未満 1年  64,800円 59,340円  124,140円 
5年  74,340円  139,140円 
100u以上
125u未満
1年  75,600円 60,940円  136,540円 
5年  79,340円  154,940円 
125u以上
150u未満
1年  86,400円 66,320円  152,720円 
5年 92,120円  178,520円 
料金は消費税を含んだ表示です。
150u以上は別途お見積りを致します。




 お気軽にご連絡ください


 048−873−4244
 受付時間9時から18時(定休日を除く)